当院では、眼精疲労の原因である、調節機能の検査法として梶田先生推薦の

ニデック社製AA1(毛様体筋による水晶体の振動をとらえ解析する)

装置を以前から所有しております。解析はパソコンですぐに可能であり、

AA2と同等の解析が可能です。梶田先生による分析表が効果を上げています。

老眼なのか、メガネのせいなのか、調節衰弱なのか、

薬(睡眠薬、安定剤、抗アレルギー薬)、眼瞼けいれん、ドライアイなのか、見極めが肝心です。